山手線の真実

提供: 雑学ペディア
移動先: 案内検索

東京駅から品川・渋谷・新宿・池袋・上野など東京の繁華街を経由して東京駅へと一周する有名な環状線がある。関東地方の人ならばヨドバシカメラのcmでも知られるあの路線。そう、山手線だ。

実を言うと山手線は正式な路線名では環状線ではないのだ。

国民一人一人に戸籍があるように鉄道路線にも線籍とよばれる戸籍があり、その上では山手線は品川〜(渋谷〜新宿〜池袋〜)田端間の20.6kmの路線の事で、C時形の路線となっている。

では田端〜品川は何線かと言うと、田端〜東京が東北本線・東京〜品川が東海道本線となっている。つまり、田端から品川の間は東北・東海道本線の線路敷を間借りして走っているという事なのだ。

ヨドバシカメラのCMソングで「♪〜まーるい緑の山手線〜♪」と歌っていたり路線図で丸く書かれたりしているが、環状線と見たとしても実際には丸とはほぼ遠い歪な形をしている。余談だが、ヨドバシカメラのcmソングではその後に「真ん中通るは中央線」とあるがこれも実際には山手線の中央を貫通するのではなく、やや北側をS時形に結んでいる。

因みに、大阪にある大阪環状線も正式には天王寺〜新今宮間の事を指し、こちらもやはり正式には環状線ではない。こちらの場合新今宮〜天王寺の一駅間は関西本線に所属している。